あなたに会いたかった・・・

あなたに会いたかった・・・

念願の一人暮らしを手に入れた私は、何もかもが新鮮で充実していた。自由とはこういうものだったのかと、暫く人との関わりも極力控え一人暮らしの生活をエンジョイしていたのだった。しかし3か月を過ぎた頃突然寂しさを覚えた。長い間団体生活をしていた為、誰とも話す相手がいない寂しさに耐えられなくなってしまった。
そんなある日偶然ネットを見ていたら、ある出会い系サイトに出会った。これまで出会い系サイトで何人かの男性とメールをしていたが、会うまでにはいかなかった。またどうせ会えないだろうと思いつつ、一人暮らしの寂しさと今までのリベンジをする為にそのサイトに登録した。登録してからすぐに色々な男性からメールが来たが、どれも下心見栄見えで返信する気がなかった。そんな中で、「この人なら」と誠実そうに思える人に出会った。彼は42歳で職業は大学教授だった。自分の譲れない理想の中で、頭が切れる人と思っていたので、すぐに私は彼とメールを始めてから恋に落ちてしまった。メールで自分に障害が少しある事も話したが、彼は全て受け入れると言ってくれた。

こちら

彼とのサイトのやり取りは1年ぐらい続いた。本当はサイトではなく直接個人のメールアドレスでメールをしたかったが、彼は大学教授という肩書の故直アドは会ってから交換しようと言って来た。そのうち彼の仕事が忙しくなりメールも週一ぐらいになり、サイトでメールをする為のポイントを買うお金の余裕がなくなってしまった。彼に会いたい気持ちはすごく強かったが、このままでは生活が破たんしてしまう。苦渋の選択を迫られた私は、泣き泣き彼に最後のメールを送り彼ともサイトともピリオドを打った。
彼は本当に実在した人物だったのだろうか?…たまにそんな事をふっと思い出します。

同じ趣味を持つ人と

私はコスプレが好きと言う変わった趣味を持っています。
それは友達にも秘密にしてることです。そんなオタクっぽい趣味を持つ私は、
彼氏が欲しくてもなかなか作ろうとする気にはなれませんでした。

こちら


周りにかっこいい人がいても、コスプレが好きな私と付き合ってくれるはずがない。
そう思っていたからです。

そこで、出会い系サイトを使って同じ趣味を持つ人との出会いを探して
みることにしました。
プロフィールにはコスプレイヤーということを書いたり、ブログにコスプレ写真を
アップしてアピールしました。
自分の近くに住んでいる人も検索できるので、同じ趣味を持つ人が近くに住んでいないか
調べることもできました。

色々な人と関わりを持っているうちに、コスプレと写真が趣味の男性と
知り合いました。彼の撮る写真は生き生きしていて、とても憧れました。
彼に写真を教えてもらうということで、実際に会うことになりました。
しっかりしていて丁寧な印象が強い、20代後半ぐらいの人でした。
彼もその日は私と同じ作品のコスプレをしていたのですが、メイクも綺麗で
かっこよかったです。
普段の生活の話もでき、とても充実した一日になりました。

こちら



その後は出会い系サイトの機能だけでなく、他のSNSでも連絡を取るようになり、
付き合うことになりました。
同じ趣味を持つ恋人なんてできるはずがないと思っていましたが、出会い系サイトで
素敵な出会いができてよかったと思います。

誰にも言えない秘密がある人でも、出会い系サイトを使えば
仲良くなってくれる人がいるはずです!

出会い系サイトのおかげてセフレが3人

僕には自宅のマンションに帰るのは週に4回。
他の日は彼女の家に泊まっています。
月曜日は20代後半のOLのマンション。
この女性はスレンダーなボディなのですが、ロケット乳ですね揉めは揉むほど騎乗位で腰を激しく動かすタイプ。
ベッドの上では野獣と化します。
水曜日は銀座に勤めているホステス。
彼女も20代後半なのですが、ナイスバディ。
仕事あがりが深夜なので、彼女のヘッドの上でのプレイは朝方になってしまいます。

こちら


彼女もエッチ好きで攻めたり攻められたりとプレイは汗ダクダクで熱くなっています。
あまりにも熱すぎて、冬でもくーラーをつけてエッチをしなければなりません。
そして、土曜日の夜は学校の先生。
彼女は30歳になったばかりですが、ムッチリボディがな男の心を野獣にさせてくれます。
学校の先生ということもあってか、昼間の姿と夜の姿はまるで正反対です。
僕のムスコを元気にしてくれるのが、得意なのです。
どんなに僕が疲れていても布団に入るとムスコがたくましくなって、日曜日の朝方まで、僕は先生の身体の中で暴れていますから。
週に3回は快楽の日があり、そんな状態が2年続いています。
普通であれば、こんな刺激的な出会いはなかったと思います。
これも出会い系サイトかわあったからこそですね。
サイトの中にあるプロフィール欄で彼女達の仕事が分かり、こんな出合が実現できたんです。
まさかの3人もセフレができるなんて思ってもいなかったのですが、今は対力を温存することが僕の至上命題かもしれません。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>