性病検査、保健所と病院の違い

性病(性感染症)検査は病院だけでなく保健所でも受けることができます。

保健所では匿名でもよく費用は無料です。結果は直接医師から本人に伝えられます。検査の結果感染していることがわかれば、治療するための医療機関を紹介してもらえるようです。保健所によっては平日昼間だけでなく、夜間や休日に検査日を設けているところもあります。

病院ですと症状があれば検査に健康保険が使えます。単に感染しているかどうかを調べたい場合は自費になることもあります。HIV以外の性感染症も検査できます。

保健所でも病院でも検査の正確さ(精度)に違いはありません。ただ、感染していなくても検査が陽性になる人がおり、HIVですと100人に1人くらいです。

また、感染症は感染してすぐは検査が陽性にならないこともあります。HIVであれば感染したと思われる日から60-90日経ってから受けるのがよいでしょう。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>