膿精液症とは

膿精液症とは、精液の中に膿(うみ)が混ざっている状態です。膿は白血球のことで、通常の精液には赤血球や白血球などの血液細胞は混ざりません。細菌感染などによる炎症が主な原因で、中でもクラミジア感染が多いと思われますが、原因が不明の(特発性といいます)膿精液症もあります。精液1ml中に白血球が100万個以上あれば膿精液症と診断されます。

細菌感染で前立腺炎や精嚢炎などがおこり精液に膿が混ざっているのであれは、治療は抗生剤の内服です。

精子の運動性が低下することで男性不妊の原因となると言われますが、妊娠を希望する、希望しないに関わらず、膿精液症は治療が必要な状態です。精液検査以外にも、精液が黄色くなることで気づくことがあります。自然に治るのを待たず早めに病院を受診しましょう。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>