どんどん追い詰められていく不妊治療

不妊治療を始めて3年以上が経ちました。

結婚する前から子宮内膜症や子宮筋腫があったので、妊娠は難しいかもしれないと医者から言われていました。

夫にはそのことは付き合っていた頃から伝えていて、お付き合いそのものをなしにしてもかまわないと私は思っていました。

しかし夫はそのことをわかっていて結婚しようと言ってくれました。

私はとても嬉しくてそのまま結婚をしました。

結婚して1年はのんびり自然妊娠を目指しました。

もちろん期待はしていませんでしたが、もしかしてと思っていたのです。

でもやはり妊娠はできませんでした。



結婚して1年経ってから本格的に病院に通い始めました。

最初は会社から通いやすいだけの理由で病院を決めて、病院から言われるがままの治療を行いました。

毎日基礎体温をきちんとつけてそれでタイミングをとってくださいと指示されました。

そんなことは既に1年やっていて、それで妊娠できないから病院に行っているのにと思いました。

病院には子宮内膜症や子宮筋腫がある事を伝えて、手術をした方がいいのかも聞きました。

しかし何度内診をしても手術は必要ないと言われて、とにかく普通の不妊治療をしているだけでした。

結局1年その病院に通いましたが結果が出ないので転院することを決めました。



友人からすごく良い不妊治療の病院があることを聞いて、その病院に入りたいと思いました。

その病院は全国的にもかなり有名な病院で、誰でも行けるわけではありませんでした。

最初の予約を取るのも困難で、いつも予約はいっぱいで大変でした。

しかしある日予約を運よくとることができて、その病院に通う事ができるようになりました。

最初に今までどんな治療をしてきたか話して色々な検査もしました。

検査代が高額でとても驚いたのですが、仕方ないと思い通い始めました。

最初は人工授精から始めて半年は人工授精を続けました。

結局妊娠はできなくて、体外授精をすることになりました。

体外授精はかなりお金がかかると聞いていましたが、妊娠率は確実に高くなると言われて思い切って治療に踏み切りました。

結局体外授精を2回しましたが妊娠しませんでした。



体外授精に踏み切ってからは金額も期待も高かっただけに、妊娠できなかった時の気分の落ち込みは自分で想像していた以上でした。

友人や身内の妊娠報告を聞いただけで気が滅入り、泣いて過ごす日が続きました。

今はあまり期待せずに治療を続けています。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>