黄体機能不全とは

黄体は排卵後に卵胞に残った細胞からでき、プロゲステロンというホルモンを分泌します。プロゲステロンには体温を上昇させ、子宮内膜を受精卵が着床しやすい状態にする働きがあります。妊娠した場合はそのまま分泌されますが、妊娠しなければ2週間ほどで分泌量が減り、子宮内膜がはがれて月経がおこります。黄体の働きが悪くプロゲステロンの分泌が十分でないのが黄体機能不全です。黄体機能不全の原因には高プロラクチン血症や多のう胞性卵巣症候群、子宮内膜の異常などがあります。

黄体機能不全があると基礎体温が二相性になりませんので、基礎体温表から疑うことができます。診断は血中のプロゲステロン測定や超音波検査、子宮内膜の検査で行ないます。

原因がある場合はまずその治療を、明らかでなければホルモンの補充を行ないます。注射が一般的ですが今は点鼻薬も使えるようになりました。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>