黄体化未破裂卵胞(LUF)とは

卵胞は、LH(黄体化ホルモン)の働きによって徐々に発育していき、破裂(排卵)します。ところが卵胞の破裂がおこらずそのまま黄体に変化することがあり、これを黄体化未破裂または非破裂卵胞(lutenized unruptured follicle;LUF)といいます。

原因には破裂を阻害する卵巣周囲の癒着、多のう胞性卵巣症候群、子宮内膜のう胞、卵巣のう腫、高プロラクチン血症(卵胞破裂に必要なLHの上昇=サージがおこりません)などがあります。

また、鎮痛剤によって卵胞破裂に必要な酵素がつくられなくなることで、排卵がさまたげられるとも言われます。

基礎体温が二相性であってもLUFであれば正常な排卵がおこっていません。排卵の前後に超音波で確認することではじめて診断されます。原因が明らかであればその治療をおこないます。LUFは次の月経周期でもホルモンを分泌しつづけることがあり、新しい卵胞の発育に影響をおよぼすこともあります。不妊症でLUFを繰り返す場合には体外受精をすることもあります。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>