子宮内膜ポリープとは

ポリープとは、粘膜からとび出た茎(くき)をもつ「できもの」のことです。子宮内膜ポリープよりも、胃ポリープや胆嚢ポリープ、大腸ポリープの方が有名かもしれません。ポリープそのものはガンとは違い良性の病変です。小さなポリープで、急に大きくならなければ治療はせず様子をみることも多いです。

子宮内膜ポリープは年齢とともに増え、閉経後は徐々に減るのが一般的です。症状としてまれに不正出血や月経過多がありますが、ほとんどは無症状です。このため検診や不妊症検査のための超音波で偶然発見されることが多いです。

子宮内膜ポリープはエストロゲンによって内膜が増殖することでできる、切除後は妊娠確率が上がるといわれます。悪性と区別がつかない場合や、不妊症の原因と考えられる場合は腹腔鏡で切除手術をすることがあります。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>