多のう胞性卵巣症候群とは

多のう胞性卵巣症候群とは、卵巣の中に卵胞がたくさんできる状態です。Polycystic ovary syndromeの頭文字をとり、PCOまたはPCOSと省略されます。PCOであっても軽度であれば妊娠は十分可能ですが、排卵がおこりにくくなるため不妊症の原因になることがあり、排卵に問題があるのはPCOの7割程度と言われます。卵巣は左右2つあるため片方だけがPCOのこともあります。

PCOの症状には月経不順や無月経、逆に月経過多、男性ホルモンが卵胞で作られることによる多毛やにきび、肥満などがあります。ただしこれらの症状がみられなくてもPCOのことがあります。PCOは卵巣の超音波検査やホルモンの血液検査・負荷試験で診断できます。

治療は排卵誘発剤クロミフェンの内服ですが、排卵がおきなければ排卵誘発の注射をすることも、ほかの薬を併用することもあります。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>