子宮内膜症とは

子宮内膜症とは、本来子宮の内側にあるはずの内膜や内膜に似た組織が、子宮以外の場所にできる病気です。20-30代の女性に多い病気で、不妊症の原因になることがあります。

できる場所は、卵巣(チョコレートのう胞子宮内膜症のひとつです)、ダグラス窩(子宮と直腸の間)、卵管、子宮と膀胱の間などです。

子宮内膜症のほとんどでみられるのが月経時の痛みです。月経時以外にも腰痛や下腹部痛、性交痛などがおこることもあります。

治療は薬か手術です。痛みには鎮痛剤、効果がなければピルや女性ホルモンの分泌を抑える薬を使うこともあります。手術は妊娠を希望する場合は病巣だけを切除し、正常な部分はなるべく残すように行ないます。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>