子宮後屈とは

子宮は頚部(「くび」に当たる部分)で前か後ろかに曲がっており、それぞれ子宮前屈、子宮後屈とよばれます。通常は前屈でお腹側に曲がっていますが、後屈している(背中側に曲がっている)人が10%くらいいます。

昔は子宮後屈も不妊症や流産の原因と言われ、前屈に矯正する手術が行われていたようですが、現在では不妊症や流産とは関係ないとされており手術は行なわれません。ただし子宮内膜症などが原因で子宮後屈になることがあり、その場合は原因の治療が必要です。また子宮後屈が腰痛の原因になることがあります。

なお、妊娠すると子宮は大きくなり途中での屈曲がなくなるため、もともと後屈であっても特に問題はありません。妊娠出産後に子宮後屈が治ることもあります。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>