チョコレートのう胞とは

卵巣チョコレートのう胞は、子宮内膜症の一種です。子宮内膜は本来子宮の内側にありますが、子宮の外側で増殖することがあり、卵巣にできたものがチョコレートのう胞です。卵巣なの子宮内膜が月経のたびに出血を繰り返し、古い血液が卵巣内にたまります。チョコレートという名称は、古い血液がチョコレートのように茶色っぽくドロドロにみえるためです。

症状は月経時の痛みです。

はじめは小さな病変ですが進行すると卵巣全体を占めるようになり、さらに進行すると周辺の子宮や卵管、大腸と癒着します。こうなると月経時でなくても腰痛や下腹部痛が起こります。

診断は基本的に超音波やMRIで行いますが、確実なのは腹腔鏡です。腹腔鏡は身体への負担があるため、妊娠を希望していて癒着の状態をみたい場合や症状がひどい場合のみ行われます。

治療は子宮内膜症に共通ですが、薬か手術になります。

薬は月経をとめるホルモン薬(飲み薬、注射薬、点鼻薬があります)やピル(妊娠の希望がない場合)です。薬のほうが負担は少ないですが治療に時間がかかり、薬の副作用が出る可能性もあります。

不妊治療を目的に手術をする場合は腹腔鏡手術(開腹手術より傷が小さい)をすることが多いです。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>