卵巣嚢腫とは

卵巣にできる良性の腫瘍(悪性の腫瘍は卵巣がんです)のうち、一番多いのが卵巣嚢腫です。

チョコレート嚢腫以外の卵巣嚢腫は、なぜできるのかはっきりわかっていません。

いくつか種類があり、髪の毛や骨、皮膚などが含まれる「類皮嚢腫(奇形腫)」、さらさらした液体がたまる「しょう液性嚢腫」、どろどろした液体がたまる「粘液性嚢腫嚢腫」、子宮内膜が卵巣内にできる「チョコレートのう胞」があります。

チョコレートのう胞以外の卵巣嚢腫にはほとんど症状がありません。婦人科検診や別の病気の検査で偶然みつかることが多いようです。ただし、大きな卵巣嚢腫になりますと下腹部のふくらみや違和感、痛みといった症状が出てきます。

注意が必要なのが卵巣茎捻転で、大きくなった卵巣の根本がねじれた状態です。下腹部の激しい痛みがおこりショックに陥ることもあり、時間がたつと卵巣への血流が途絶えて卵巣が壊死してしまいます。卵巣茎捻転が起こると緊急手術が必要になります。

小さな卵巣嚢腫は経過観察といい、定期的に卵巣の状態を超音波で確認すればよいのですが、大きくなってくると手術が必要です。手術は腹腔鏡で行われることが多く、妊娠の希望があればなるべく卵巣を残して嚢腫の部分だけ除去します。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>