即日借入からの借金と住宅ローンの審査の関係

即日借入からの借金と住宅ローンの審査の関係

近年の即日借入は非常に利便性が高く、ちょっとした金策に困った時に手軽に利用できるようになっています。その為生活費目的などで気軽にお金を借りている方も多くなっていますが、住宅ローンの利用を検討しているなら、やはり即日借入からの借り入れと住宅ローンの審査の関係性について今一度確認し直しておく必要があります。
住宅ローンは銀行や信金等の金融機関で扱われています。決して少なくない住宅購入資金を貸してもらうことが出来る便利な商品ですが、もちろん利用の為には審査に通過する必要があります。
即日借入からの借金と住宅ローンの審査には、全く関係がないとは言えません。即日借入からの借金がある場合でも問題なく住宅ローンを利用することが出来る方もいますが、そうでない方もいるのです。

こちら


しかし、やはり即日借入からの借金額が大きい場合は、住宅ローンの審査も通過しづらい傾向があると言わざるを得ません。高額な借金がある方は返済能力にも疑念が抱かれる為です。
とはいえ少額の借金の場合でも、さらにはキャッシング枠があるというだけでも審査に影響が出てしまうケースもあるので、現在即日借入からお金を借りている方は、まずは完済することを視野に入れましょう。
ちなみに住宅ローンを申し込んで審査落ちした場合、その履歴は半年残ります。ようするに半年間は他の銀行の審査も不利になるということですので、審査通過の確率を挙げたいなら、即日借入からは借りない、さらにはカードを解約して枠すらもなくすことをお勧めします。

任意整理について

任意整理とは、弁護士や司法書士と言った代理人が債務者と貸金業者との間に入り、返済方法などにおいて交渉する方法になっています。

こちら

その為、借金が0になるという事はなく、あくまでも、無理のない返済方法になるよう、交渉してもらうといった方法になっています。
そんな、任意整理において、メリットと言うと、まず、代理人に交渉を依頼する事で、一旦は、支払の督促を止める事が出来ます。今まで気の休まらない返済の催促に悩まされていた人にとっては、非常に助かる事になります。
その上で、交渉していく事で、借入金が減額されることになっていきます。特に過払い金があった場合は、その過払い金を借金返済に充てるほか、返還を請求する事も可能になってくるのです。
反面、デメリットとしては、借金が0にならない事のほか、信用情報に事故として掲載される事になる為、当面の間、新たにクレジットカードなどを作る事は出来なくなってしまいます。

こちら

もちろん、キャッシングにおいても、同じことになります。

キャッシングの審査で重視される点

「キャッシング」以外の借入でも同じですが、「キャッシング」でお金を借りるときには審査に通ることが必要です。
万が一、審査に通らなければ融資を受けることができず、当初の目的を達成することができなくなってしまいます。
では、審査に通る(通りやすくする)為にはどうすればいいのでしょうか。
基本的に、業者は貸したお金がきちんと返済されるかどうか、その可能性を審査で判断することになります。
したがって、一番に注目されるのが、その人の借入実績です。
同時期に他の業者から借入を行っている場合は、当然判断の基準になります。

こちら


通常3社〜5社程度を限度の基準としている業者が多いようです。
その他に重視される項目には、年齢や結婚歴、職業、連絡先、住居などがあります。
もともと即日借入のターゲット顧客は20〜30歳代といわれており、あまりに年齢が高すぎても審査にはマイナス要素になります。
また、既婚者よりも独身者の方が、自由になるお金も多くあることから、有利になりますし、職業であれば安定した公務員や会社員は有利になるでしょう。
現在、携帯電話を持っていない人は余りいないかもしれませんが、固定電話の有無も大きな審査基準のひとつとなります。
また、住居については賃貸よりも持家の方が有利になるでしょう。
審査を通過できるかどうかが、「キャッシング」の一番のポイントとなるでしょう。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>