クレジットカードの現金化は違法

クレジットカードの現金化は違法

クレジットカードの現金化と言う方法をご存知でしょうか?
キャッシングやカードローンの様に審査もなく、クレジットカードが一枚あればお金が借りられる。
夜遅くまで対応してくれる業者もあり、お金に困ったときにはとても頼りになる存在です。

と、言うように紹介されている場合もありますが、クレジットカードの現金化は気軽に利用して良いものではありません。
何故なら、クレジットカードのこの様な利用の仕方をクレジットカード会社は認めていないからです。
もし利用した場合契約違反となり、以後クレジットカードが利用できなくなるなど大きなデメリットとなりかねません。

現金化を取り締まる法律は無くグレーな扱いなので違法ではない、それも過去のことで、実際に貸金業法及び出資法違反で摘発されている業者も存在します。

こちら

また利用者側もクレジットカード会社に対して契約違反を行っていることは間違いない事実です。
ショッピング枠を利用しているため、金利が低い借入れが出来る様に紹介されていたりもしますが、業者に対して手数料が必要になってくるのでその意味でもメリットはありません。

悪質な業者の場合はお金が手元に来ることすらない場合もあります。
どんなにお金に困ってもクレジットカード現金化には頼らない。
借入れが必要としても、きちんと認められた信頼できる所から借入れを行う様にすることが大切です。

こちら

隠れ金利とは何?

キャッシングを利用すれば利息が発生します。
無利息期間内なら利息は発生しませんが、これは特例です。
借りたお金と利息をプラスして返済することになりますが、実はそれ以外にもお金が必要となる場合があります。
それはATMを利用して返済をした時の手数料です。
このATM利用料を隠れ金利と呼ぶことがあります。

平成24年までは利用者はATMの手数料を取られることはありませんでした。
それは借入れや返済にかかる費用も全て利息から徴収していたからです。
ですが法改正によってATM手数料を別に徴収して良いこととなり、元々は金利に含まれていた手数料が別に取られる様になったために隠れ金利と呼ばれているのです。

こちら



隠れ金利と聞くと大げさに聞こえますが、実際手数料は勿体無いお金です。
借入額が少ない方にとっては手数料と利息が大差ない、そんなこともあるかも知れません。
即日借入の中には特定のATMを使えば利用手数料がかからないサービスを行っている場合も多いので、その点も借入先選びのポイントの1つとしていただきたいと思います。

家族・会社に知られずカード作成は可能か

いろいろな事情があって、家族や会社に知られず、内緒でキャッシングのカードを作りたい人もいるでしょう。そういう人のために、実際に金融会社でカードを作る時に、家族や会社にバレるとすれば、どこでバレるかを見てみましょう。

こちら



まず、申し込みすると本人確認のために電話をかけてくる場合がありますが、家の固定電話でなく個人の携帯電話番号で申し込みすれば問題ありません。職場の在籍確認の電話は、多くの金融業者は会社名を名乗る事はなく、個人名でかけてくるので、心配ありません。

次に金融会社から郵便物が家に届くのが心配ですが、ネットで申し込みして、カードは店頭や自動契約機で受け取り、書類は郵送してこない会社があるので、そういう会社を選んで申し込みすれば問題ありません。ただし返済が遅れたり返済自体されないと、書面で家に督促状が来るので、家族に見られたら今までの努力が水の泡となります。これだけ気をつければ、内緒でカードを作ることができます。


こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>