審査基準の違いでキャッシングの利用が可能に

審査基準の違いでキャッシングの利用が可能に

これまでも度々キャッシングを利用する機会がありました。安月給のみではどうしても毎月の給料だけでは赤字になることが多く、ちょっとした不足額が生じてしまいます。

それでも何枚かクレジットカードを持っていて、そこに付帯するキャッシング枠を利用して少額づつお金の都合をつけることが出来ていました。同じカードを連続して利用することは避けていました。

そんなうちにちょっとした事情から会社を退職することになりました。次の仕事までは間が空いてしまい、自宅で出来るアルバイトなどで何とかやりくりする生活が始まりました。

こうなると家計はまさに自転車操業です。

こちら

一応退職時に借入金はない状態にしておきましたが、すぐにまたキャッシングを利用することになってしまいました。

一括で返済する余裕はとてもないのでリボルビング払いで返していましたが、しばらくすると現在の収入状況を確認したいという連絡がカード会社から来てしまいました。

嘘をついてもいずれはバレるだろうと思い正直に現状を申告すると、カードの利用枠はそのまま残すけれどキャッシング枠はゼロにするとの答えが帰って来ました。

その時点で残っていた借入金は何とか毎月の返済で済ませる見通しはありましたが、すぐにまた資金不足になることは容易に想像がつきました。

こちら

そこでほかのチャンネルを当たることにしました。

いくつかの即日借入を見て回ったところ、数社のスピード審査で仮通過することが出来ました。年に数十万円の収入しかなくとも限度額を抑えることで借り入れが可能なところも探せばあります。

貴重なキャッシング枠を大事に活用して当時の生活を何とか乗り切りました。私にとってはとても頼りになる存在となってくれました。

即日借入の種類としてはさまざまなタイプ

即日借入の種類としてはさまざまなタイプのものがあって、一口では言い切れません。

こちら

まず、「専業系即日借入」というものがあって、それは一目で即日借入を専業としているとわかるような会社ですね。その中でも大手といわれる「アイフル」「アコム」「三洋信販」「武富士」「プロミス」「レイク」です。

一般的に即日借入といえばこの大手のいずれかを指していることが多いです。

また、「銀行系即日借入」では従来は利息の安さが魅力だったことはありますが、最近では専業系とはあまり違いが少なくなってきました。これらは、銀行と専業系消費社金融の合併、あるいは協働から生まれた即日借入です。「即日借入」という名称に抵抗があるなら「○○系ローン」というように選択もできます。

そして、信販系即日借入と呼ばれるものがありますが、それは上記の子会社やクレジットカードなどを発行している信販民間企業などが経営する即日借入です。

こちら

他にもIT会社の子会社が運営するもの、外資系会社が関わつているもの、独立系即日借入などがあります。また、クレジットカードについてですが、「だれでもいちまいは持っている」と言われるクレジットカードでも、信販会社と即日借入のカードにはそれぞれ違いがあります。信販系のクレジットカードでは「ツケでお買い物ができる」という権利を持っているものが、クレジットカードですが、即日借入が提供する商品は「お金そのもの」であるという違いがあります。また、融資利率も即日借入よりも信販系の方が審査が厳しいだけ低くしてあります。

即日融資
こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>