超音波検査とはどんな検査か、何がわかるか

超音波検査は、身体に超音波が出る機械をあてて、体内の様子を調べる検査です。

レントゲンやCTのように放射線を浴びることもなく、プローブ(機械のうち身体に当てる部分)が押し付けられる感じがあるだけで痛みを伴いません。身体に害がないため不妊症の検査だけでなく、腹部、心臓、頚動脈、乳房など様々な部位を調べるために使われています。妊娠後も胎児の状態をみるのは主に超音波検査になります。

不妊症の検査において超音波でわかるのは、子宮や卵管、卵巣の異常です。膣から検査する経膣超音波と、お腹から検査する経腹超音波があり、調べたい部位により使い分けます。

子宮の異常には、子宮筋腫、子宮の先天的な形態異常、子宮後屈などがあります。卵管は癒着していると不妊症の原因になります。卵巣の異常には卵巣腫瘍(良性と悪性があります)、多のう胞性卵巣症候群、子宮内膜症のひとつである卵巣チョコレート嚢腫などがあります。

卵巣の状態は月経周期によって変わりますので、時期を変えて何度か超音波の検査をすることもあります。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>