基礎体温とは、その測り方

基礎体温とは、「起床直後の安静時の体温」です。女性の基礎体温は月経周期とともに変化し、基礎体温を測ることで排卵がおきているかを知ることができます。

測り方ですが、身体を動かすと体温が上がってしまうため、朝目が覚めたら寝たままですぐに測ります。起き上がらなくても届く場所に体温計を置いておきましょう。体温計も基礎体温用のものが望ましいです。測る場所はワキの下ではなく口の中(舌の下)です。毎日なるべく同じ時間に測るようにしましょう。

たまに測り忘れることがあっても、続けて記録していれば排卵があるかないかわかりますので、測定を続けることが大切です。

排卵がおきていれば、基礎体温は低温期と高温期を交互に繰り返します(二相性といいます)。高温期に入る前の日に排卵が起こっていると考えられます。ただし排卵日の正確な予測は難しく、基礎体温を付けていても実際の排卵日がずれることはあります。

体温計さえあればすぐにできますので、不妊かなと思ったら、治療に通う前にまず自分で基礎体温を記録してもよいでしょう。


人気のある不妊サプリ
本気の妊活サプリメント【SAZUKARU】
カプセルタイプです。妊活に有効といわれるザクロとタンポポのエキス、さらに妊活で最も有名な葉酸も配合。
新妊活サプリメント『VEGEMAMA(ベジママ)』 
錠剤タイプです。このサプリには「ピニトール」という栄養が配合されています。なかなか妊活が上手くいかないという方は「カイロイノシトール」という物質が足りないと言われており、ピニトールはカイロイノシトールを生成するため含まれています。

<<前のページへ   次のページへ>>