私は事業資金を即日借入からも借りています

私は事業資金を即日借入からも借りています

私は現在自分で独立をして事業をしていますが、独立をして事業をしていくためにはある程度のお金が必要になってきます。

そのため私は定期的に事業資金を金融機関から融資を受けて事業資金を調達しています。

そして私は事業資金を即日借入からも借りています。即日借入とは個人を対象に比較的少ない金額を融資することを業とする金融機関ですが、私のような事業をしている人に対しても融資をすることもあります。

また独立して自分で事業をしている人が融資を受ける金融機関は一般的には銀行があげられます。

しかし銀行で事業資金の融資を受ける場合は結構厳しい審査を受ける必要があり、どうしても実際にお金を融資してもらうために時間がかかります。そのためすぐに事業資金を用意したいという場合には利用しづらい面があります。

これに対して即日借入は銀行ほど審査は厳しくありません。そのため比較的短期間に融資を受けることが出来て、早く事業資金を調達することが可能で、すぐに事業資金を用意したいという時には非常に助かります。

こちら



そして私はすぐに事業資金を用意したいという場合は即日借入から事業資金を融資してもらっていて、現在私は3つの即日借入から事業資金を融資してもらっています。私が利用している3つの即日借入はいずれも大手の即日借入なので、安心して利用することができています。

また今のところ事業は順調なので、即日借入から事業資金の融資を受けても比較的短期間で返済することができています。

即日借入ってどんなでしょう?

即日借入とは、無担保で一般の個人に対する金銭の貸付けをする小口融資をさします。

以前はイメージ的に、サラ金(サラリーマン金融)と同一視されていたこともありますが、

近年サラ金とは一線を引いて、一般の人も多くが気軽に利用するようになってきました。

現代ではキャッシングという呼び方のほうが、一般的ともいえます。

こちら



一口に即日借入業者と言ってもいくつかの系統に分類できます。

*大手即日借入会社・・・TVのCMで有名どころが何社かあります。

*銀行系即日借入会社・・最近は大手の銀行も進出して、子会社が経営するローン会社です。

*信販系即日借入会社・・○○カードと呼称されるものが多いです。

この他にも中小合わせて数多くの即日借入会社が存在し、競争は激しくなっています。

金利に関しては、1週間の借入れで返済すれば無利息のところから、借入れ金額によって利息

も変わってきますし、各社均一ではないので事前に比較調査する必要はあります。

ネットを通してや電話のみでの申し込みも可能で、審査も借入枠内での通常の借入れで尚かつ

以前に未返済とかの履歴がない限りは、学生や主婦でも比較的簡単に借りることができます。

インターネットが普及したお陰で、キャッシングしたいけれどどこの即日借入から借りたら

いいかわからないときでも、事前にネットで調べることができるので便利になりました。

こちら



一部の富裕層を除いて、今の不況の世の中では、誰もが即日借入を利用することになる

かもしれませんね。

過払い金請求で書くべき請求内容は?

過払い金請求のための内容証明郵便を書く段階になって、いざ、紙を広げ、「なにをかいたらいいの?」と、戸惑ってしまいますよね。

ここでは、簡単に、書くべき内容の雛形についてご説明しましょう。

最低限、書かなくてはならないことは、

・相手の住所

・相手の社名

・相手の代表者名(これが宛名にもなります)

・自分の住所

・自分の名前

次に、請求本文について、

「私は平成○年○月○日より、御社と、金○○万円の消費貸借契約を結び、平成○○年○月○日まで、返済を行ってきましたが、このたび、利息の引き直し計算をしたところ、金○○万円の過払いが生じていることが判明しました。

こちら

よって、この金員の返還を請求します。」

等の文章を記載して、更に期限を設け、いついつまでに、指定の口座に振り込んでください、期限を守らないときは、法的措置を執り行います、というような内容を付記します。期限は、大体2週間くらいが妥当です。

更に、

・本人名義の振込先金融機関の情報(金融機関名、支店名、口座種別と番号、口座名義人)

・請求の年月日

以上を記載して、同じものを3枚作成します。

内容証明用紙で手書きで作成するときは、1枚書けば2枚がカーボン複写で自動的に出来上がります。

ワープロソフトなどで、字数設定をしてパソコンで作るときは、3枚プリントアウトします。

出来上がったものの、あなたの名前のところには、捺印をしましょう。

ネットで検索すると、文例が多数公開されているので、それらを参考に作成するとよいでしょう。

即日融資
こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>