即日借入のイメージ

即日借入のイメージ

私はいまだに即日借入を利用したことがないのですが、即日借入には良いイメージと悪いイメージが2つあります。

まず、良いイメージですが、これはCMの影響かもしれません。

誰もが知っているような有名人・芸人・タレントが即日借入のイメージを良くすべく必死に広告をしています。

事実、返済計画がきちんと整っているならば、お金を貸してくれる即日借入は、自分にとって強い味方になってくれると思います。

生活に必要な衣・食・住はどうしてもお金が必要になってきます。

特に服は使い回せば何とかなりますが、食事と住むところは人間が生きていく上で必要不可欠なことです。

家賃の支払いなどが給料日前に滞ってしまった時、期日通りに納めるためには即日借入の力が必要だと思います。

いい大家さんなら待ってもらうこともできますが、最近では滞納=即退去という非情な手段がとられることがあると聞いています。

こちら



こういう大家の場合、きちんと納めたほうが無難というわけです。

もうひとつ悪いイメージというか、怖いイメージがあります。

つまりは、借金に借金を重ねて返せなくなってしまうということです。

これは、即日借入に限らず借金全体に言えることですが、お金を借りるということは返す責任が生まれるということです。

これをきちんと自分で管理できないなら、最初からお金を借りるべきではないと私は考えます。

つまり、返済計画さえしっかりしていれば即日借入をうまく使いこなすことで、人生の危険をうまく回避することができるのです。

何でも使い方が大事なのだと、私は思います。

即日借入の体験談

私が即日借入を知ることになったのは8年ほど前です。当時お小遣いが少なかった私は、遊ぶお金を工面するために、一人で申し込みが可能な無人ATMで申し込みを行いました。

こちら



申し込みは40分ほどで終了し、会社への在籍確認の電話はありましたが、家族に知られることもなく、限度額50万円のカードを手に入れることが出来ました。

それから、半年ほどでカードは5枚ほど総額250万ほどの借金を作りました。原因はカードのお金を自分の貯金と勘違いしてどんどん使ってしまった事です。結局借金で首が回らなくなり、妻と子供と別れ、お金が稼げる仕事に転職をする羽目になりました。

現在では全て完済して、カードは1枚を残して処分しております。1枚は急遽お金が必要になった時の為にいつでも利用できる状態のまま保管しています。

当時は利息もまだ高く、返済してもなかなか元金が減らない苦しみがありました。現在は利用しやすい利息になり、給料が少ないサラリーマンにとってはありがたい状況になっています。しかし、くれぐれも借りすぎには注意をして下さい。

こちら



借金で自殺する話もよくありますが、現在では様々な借金整理の方法もあります。困った時は弁護士の方に相談する事が大事です。相談は無料なので遠慮せずになんでも相談した方が良いと思います。

正しい使い方をすると、即日借入はありがたい存在です。長く付き合いがあると利息の引き下げの提案などこちらにメリットのあるお話も時々あります。借りすぎにだけくれぐれも注意して、上手に即日借入を利用していただきたいと思います。

クレジットカードのキャッシングと、即日借入の融資は扱いが同じ?

「クレジットカードの申し込みをしたら、キャッシング枠が0円になってた!」

「クレジットカードの更新の時に、キャッシング枠が減らされてて、驚いて電話したら、「お取引の金額が上限いっぱいになりました。」って…使ってないのに、どういうこと!?」

こんなパターンを耳にされたことはないでしょうか?

クレジットカードの多くは、信販会社と言われる会社が取り扱っています。

こちら

大手のデパートやコンビニエンスストアですと、自社と信販系のカード会社が提携して独自のカードを作っているところもあります。デパートなどの物販系のクレジットカードなどは、主婦の方にとっても魅力のある店頭商品の割引や、会員サービスデーなどのサービスを目当てに友の会感覚で入会される方も多いため、クレジットカードのキャッシング枠には目が留まりにくい傾向もあるようです。

しかし、実は、クレジットカードのキャッシング枠だけは、即日借入の取引と同じく、貸金業法の規制対象になっているのです。そのため、総量規制のために、他の即日借入からの借入金額が、限度額である年収の三分の一にい及ぶとなると、クレジットカードのキャッシング枠が減らされたり、審査落ちして、キャッシング枠0円という形でのカード発行になることがあります。

ただし、クレジットカードキャッシング枠のみについての話。のショッピング枠については、貸金業法とは無関係ですから、こちらの枠は即日借入との取引が増えても影響はありません。

楽天カードゴールド
こちら-こちら


<<前のページへ   次のページへ>>